誠光社 堀部篤史さん・文筆家 甲斐みのりさんに聞く「本が繋いでくれること」【延期】

誠光社 堀部篤史さん・文筆家 甲斐みのりさんに聞く「本が繋いでくれること」【延期】

開催終了
和歌山県知事が4月21日、県内での新型コロナウイルス感染者の急増を受け、全県民に不要不急の外出を自粛するよう要請したことを受け、本イベントを延期することといたしました。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

17:00 18:30

会場
tanabe en+ 2Fワークスペース
会場住所
田辺市湊41-1
駐車場
tanabe en+専用駐車場はございません。恐れ入りますが、紀伊田辺駅前及び周辺の駐車場をご利用ください。
参加費
2,000円
定員
20名(先着)
申込方法
詳しくはこちら
お問合わせ
南紀みらい株式会社 担当:片岡 0739-25-8230

和歌山県知事が4月21日、県内での新型コロナウイルス感染者の急増を受け、全県民に不要不急の外出を自粛するよう要請したことを受け、本イベントを延期することといたしました。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。


≪以下、予定していたイベント内容です≫
京都の書店「誠光社」の店主 堀部篤史さんと文筆家の甲斐みのりさんによるトークイベントを開催します。日中はtanabe en+1階と庇下で、田辺市内外の方々による古本市を開催。飲食ブースや町の本屋さんを紹介するブースも併設し、本や人との出会いをゆったり楽しむ1日に。

日 時:5月8日(土) みかん箱古本市・書店&飲食出店ブース  11:00~16:00
           ※誠光社のみ12:00~16:00
           トークイベント(事前申し込み制)    17:00~18:30

場 所:tanabe en +(トークイベントは2Fイベントスペース)
参加費:みかん箱古本市出店 500円(みかん箱はこちらで用意します)
    トークイベント参加費 2,000円(堀部きなこさんのお菓子とお茶付き)
定 員:みかん箱古本市 7名
    トークイベント 20名(先着)
飲食出店:バニラカフェ(コーヒー、焼き菓子)、本とポン(ポン菓子、絵本)
書店出店:誠光社(京都)、OLD FACTORY BOOKS(和歌山 海南)
雑貨出店:loule (甲斐みのりさん)
   
トークイベント内容:
京都市の書店 恵文社一乗寺店の店長を経て、2015年に独立し「誠光社」を構えられた堀部篤史さん。観光案内冊子の監修などで田辺ではもうおなじみの文筆家 甲斐みのりさんとは大学時代からの仲なのだそうです。
本を売る人 堀部篤史さんと、本を書く人 甲斐みのりさん。
人と人、人とコトが本を介して繋がっていく、広がっていく。
いつもそうした風景のそばにいるお2人には
・メディアの役割を果たす場所作りについて
・情報を発信する上での心得
・街における本屋さんの役割
といったお話をお伺いします。

本や本のある空間が好きな方だけでなく、情報発信の方法に関心のある何か新しいことを始めようとされている方や商店を営まれている方へ。
堀部篤史さんの奥様である堀部きなこさんのお菓子と田辺産のお茶を楽しみながらゆったりとご参加いただけます。


【講師プロフィール】
堀部篤史(ほりべ・あつし)
1977年生まれ、京都府出身。恵文社一乗寺店にて2015年8月まで店長を務める。独立後、誠光社を立ち上げ、店舗運営、イベント企画、出版などを手がける。著書に『90年代のこと 僕の修業時代』(夏葉社)、『街を変える小さな店』(京阪神エルマガジン社)ほかがある。

誠光社
京都市上京区中町通丸太町上る俵屋町437
TEL&FAX 075-708-8340
https://www.seikosha-books.com/contact
https://www.seikosha-books.com/about

甲斐みのり(かい みのり)
文筆家。静岡県生まれ。日本文藝家協会会員。大阪芸術大学文芸学科卒業。
旅、散歩、お菓子、地元パン、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍、雑誌、webなどに執筆。食・店・風景・人、その土地ならではの魅力を再発見するのが得意。地方自治体の観光案内パンフレットの制作や、講演活動もおこなう。

Instagram @minori_loule
Twitter @minori_loule

申込方法

参加ご希望の方は、参加申し込みフォームからお申込みください。
(※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、開催延期となりました。4/22)